最近は、月刊致知を持ち歩き考えるテーマとして活用しています。
7月号致知のテーマが表題のものでした。

なかなかこの境地に辿り着けるものでは無いように想いますけれども、心意気としては大いに賛同いたします。
現実には人生のうち、生まれた時代の背景含め自分でコントロールできることはとても少ないと思っています。
それでも間違いなく自分自身だけで決めれる道もあります。
自分自身の世界は自分の心持で決まると思っています。
どんなことでも、考え方ひとつでポジティブにもネガティブにも感じられます。
一度限りの与えられた人生においては、ポジティブな考えを多く活用したいと思います。
本質的には私自身はネガティブな性格なのだろうと、学生時代を振り返っても感じています。
それでも自らで道を切り拓き、創り出したい想いが大きくなってきたときにポジティブな考えでなければ到達できないことを理解したので、自らに変革を与え続けています。


自分の性格含めて自分の意思で変えることができます。
自分の意思が固まれば環境にも気を配る必要があります。
周囲の環境に人間は大きな影響を受けます。
会社ごとになんとなく性格が似ているような印象を受けるのも同じ効果で、部署によってもある程度あてはまるようなステレオタイプの表現があるのも同じでしょう。


私自身は常に変革期を迎え続けて、成長を遂げたいと願っていますけれども、事業においては適切な標準化を図ってまいる時期にもなってきております。
会社の使命を考えて、あるべき道を歩めるように意思決定を重ねてまいります。
事業責任者は色んな形でスタッフの人生に影響を与える可能性がありますので、各人の人生にも真摯に向き合ってまいりたいと存じます。
会社自体が自分の命を成せるよう環境を整えられることを慶として、夢を語り、誰も成し遂げられていない路を次世代に繋げられればとても幸せな事だと思います。


来週24日月曜は弊社の12期の株主総会です。
株主の皆様にしっかりと審議をいただき、自分自身の役割を認識するとともに、次年度も重責を担うことが出来るのであれば、務めを果たせるよう自らの成長とともに組織の継続的な成長に向け尽力してまいります。






表題のケネディの大統領就任演説での有名な言葉を知ったのは20年ほど前のことでした。
以来、頭の中から抜ける事が無く評価されない多くの方は残念ながら、この言葉が理解できていないように思います。
会社組織に限らず、家族であれ、二名以上の何らかの目的のチームが出来れば、この考え方はとても大切だと思います。

強い組織は、構成している人間の一人一人が目的に向かい自律した結果として自立している方が多いように感じています。
残念ながら評価されていない方々にとっては信じられないような言葉であり、この言葉だけでもパワハラと捉えてしまうのかもしれません。
組織を率いるリーダーは決して大衆に安易に迎合してはいけないと考えています。

組織に対して自分が何を出来るのかを考えることは、組織を通じて自分自身がどのように社会に貢献出来るのかにつながり、それは何より自分自身の成長に真剣に向き合っていると言うことの証左なんだろうと思います。


雇用者と被雇用者の関係は、基本原則として双方がフェアであるべきだと思います。
イメージとしては、雇用者の方が強いと考えていらっしゃる方が多いと感じますけれども、実際の法整備としては、被雇用者の方が圧倒的に守られているように見受けられます。
私自身は、被雇用者の『雇ってもらっているし、働いてやっている。』と雇用者の『働いてもらっているし、雇ってやってる。』の精神が五分五分であることが双方にとって健全な関係だと考えています。
そのような関係になるためには、やはり自分が所属している組織・団体について本質的に存在意義を考えて、進むべき道を整備していく考え方が必要だと思います。


これは、会社組織だけではなく国家に対しても、最小単位といわれる家庭も同様であろうと考えています。
独り独りが高い見識を持ち、実践力を備えることこそが次世代に継ぐ環境を整えられるのだろうと信じ、自分が所属している団体においては常に自らの胸に問い続けてまいります。














オグ・マンディーノの本が好きなので、続編含めて今更ながらに読みました。
ご自身の人生でも大変な経験をされている方なので、筆者の背景含め多くを感じることができる本でした。
続編も成功者の気にしておくべきポイントも有り、大変参考になる内容でした。
また、改めてこの手の本は英語で読めたほうが良いなとも感じました。
通訳者の背景によって使われる言葉も変わってきますので、英語での読書習慣を少しづつ増やしていきたいと思います。


本の中でもキーワードが記載されていますけど、こちらは続編共に10の言葉でした。
バッカーズの原則など十か条の物も多いので、マジックワードの3~7を超える場合でも十に留めておくことが大切なのだろうとも感じました。
多くの自己啓発本も含め、メッセージは同じようなものが多くシンプルでした。
それを如何に伝えて、実際に読んだ人・感じた人を動かせるのかが大きく分かれるのだろうと思っています。
人間であれば、正しい行動などは言われなくとも聞いたことがあるものであり、頭では理解しているものだろうと思っています。
ただし、実践となると全く持って容易ではありませんし、それを継続していくことは更に難しいことです。


正しい習慣を身に付けることこそが、自らの人生を幸福にしていくものだと確信しています。
良い習慣を得るためには当然に良い思考も必要となるでしょう。
呻吟語にある通り、『聡明才弁』では無く『深沈厚重』を目指す考えで生きてまいります。


朝は希望と共に目覚め、昼は勤勉に働き、夜は感謝をもって寝る。為にも起きたときの目的意識と目標設定、日中の弛まぬ努力を生み出すための情熱、夜に一日を省みることの大切さを改めて学びました。
時折、私の中の習慣から抜けて落ちているものも有りますので、自分の目に付くところには大切な言葉を貼り出して忘れないようにしてまいります。


日本アスペンから送られてきました図書が大変面白く興味深いものばかりです。
やはり、自分の頭で考え続けることが大切だと感じます。
知識を増やして話すだけの薄い会話ではなく人格を伴う語りが出来るようになれるよう今後も人・本・旅・酒から多くを学んでいく所存です。
そして何より学びを実践していきます。





 

↑このページのトップヘ