今週から少しずつお江戸へ行き始めました。
数か月ぶりの上京はコロナ禍で人の動きが大きく変わっているのを感じました。
公共の交通機関は以前に比べ大分乗り易いほどに空いていましたし、道路状況も大分動きやすいように見受けられました。
新たな時代が生まれつつあるのを感じます。
地方に住まう者にとっては当然の一人当たりのスペースがお江戸でも確保されるのは有難いことです。
このまま働き方が大きく変わり、人間らしさが取り戻せるのであれば何よりだと考えている次第です。
その為にも皆がどのような人生を生きていく事が国家の為、未来の世代のためになるかを自分の頭で考え実践して行けることを切に願う次第です。


久しぶりの上京は仲間に会うことも有りましたし、新たなビジネス等について人に会うことを目的としていました。
私よりも若い世代で経営の責任を持って、時代の先を見据えて社員のモチベーションアップも考慮しての取組んでいる現役プレーヤーから直接に話を聴く機会があり、大変感銘と刺激を受けてきました。
目の前の仕事は与えられたものであることが多いと思います。
与えられた仕事をただ言われた通りにするだけでは100点の仕事には成りません。
仕事は相手の期待値を超えることが大切です。
サービス業であれば分かりやすいように思いますけど、対価通りの仕事は感動も何も生まずリピーターは創れません。
相手の期待値を超えることで感動が生まれ、感謝と共に次なる期待値に進んでいきます。
『思考の整理学』でも記されている通り、多くの人間がグライダーの様な思考レベルで少しずつ光度を下げて行っているのが現状です。
この理屈に気付ける方が僅かなのは体感している所ですけど、理解した人間が諦めることなく次世代の為に更なる世界を目指して推進していく事がとても大切だと思います。
ただし、これを実行し続けるには余程の志や想いが無ければ為し得ません。
その為の学びを先人から学び続けているのが私の現状ですけど、そこに若くして到達されている方とお会いするととても強い刺激を頂戴すると共に、やはり日本は強い国家であることを感じます。
メディアの報に接する度に民度の低さを嘆く機会が多いものの、実際には力強く各所で生きているリーダーは多くいらっしゃるのがこの日本だと思います。
人間が低きに流れるのは本能なのかもしれません。
そのような性質も理解した上での制度設計をしていくことがとても肝要であることをこの14年間の経営の責任者として痛感しています。


気付いた時が自分の人生において最も若い歳です。
過去を振り返って嘆くのではなく、これからの限られた人生で出来る最大限の事を考え実行し続けることが人として生きていくうえで大切であると確信しています。
地球の歴史規模で考えれば、一人の人生には意味が無いのかも知れません。
それでも恵まれて考える機会や場を与えられた以上、成り得る最高の自分を目指すことが人生を豊かにするとも信じています。
望むらくは、皆が切磋琢磨できる存在として、組織や国家を成長させ続けられるよう日々創意工夫を継続してまいりたいと思います。


本日、ある方の訃報に接しました。
私の中では最も早々に身近でコロナに罹った方でした。
コロナ自体は脱したのだろうと推測しておりますけれども、その時点から意思の疎通を図ることが難しい状態になっていると聞き及び、数ヶ月の入院生活を過ごされていらっしゃいました。
私だけでなく子供達も大いに懇意にして頂いており、何より我が両親と仲良く接して頂ていたことに感謝ばかりの方でした。
元々は親父のゴルフ仲間として知り合いに成りましたものの、改めて経歴をしることで経営者としての手腕も大いに学ぶことが有る方でした。
毎年数回お会いさせていただく度に多くを学ばせていただいておりました。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


改めてコロナに打ち勝って、このような悲劇が起こらないことを祈念します。

今週は思考を深めるというより、様々巡らせてまとまりのない中、暗中模索をまた良しとして受け容れて行こうと言う想いに至っている所です。


先月から今更ながらに『仁義なき戦い』シリーズを改めて通しで観ていました。
今春に久しぶりにゴッドファーザーを観たことも少々影響しての行動ですけど、仁義シリーズも学ぶことが沢山有ったように思います。
生死が係った中での判断は戦国期同様、多くの人を惹きつけるのだろうと思います。
日本人は中国の生死観と異なり、死生観と呼んでおり、言葉の通り生よりも死を先に考えている方が多くの事を成し遂げているように感じています。
『アウトレイジ』シリーズも興味深く拝見しましたけど、同様に死を覚悟している方々の事を成すための行動力は目を見張るものが有るように感じています。


事業についての振返りの機会はコロナ禍で多くの時間を割けています。
現時点での最重要課題は、マネジメント能力の強化であると認識しています。
しかしながら、私の得意分野は新規事業への進出活動であり、この能力不足のジレンマが組織全体の停滞の主たる原因であることを感じています。
その課題を如何にクリアしていくかで、会社の拡大可能性が大きく変化します。
任せられる人財の採用と言う手法も有ると理解しています。
全てを自分独りで出来ることは有りませんので、組織を中長期的に成長拡大させる為にも、自分自身の人格としての成長と共に仕組み創りに根気強く取り組み続けます。


コロナ禍で会える方が限られてきますと、新たな出会いも以前に比べて格段に落ちています。
この中で自分自身を成長させるには本との出会いが最も大切だと考えています。
改めて古典に学ぶ機会を増やしている状況です。
アスペン研究所でも教わる機会を得ましたけど、古典を学ぶのではなく古典に学ぶのはただ読了するだけでは成しえません。
古典と自らが対話をすることが肝要であるようです。
その為には著者の表現や背景を理解するための多くの教養も必要になってきます。
駆け抜けてきた30代とは異なり、自分自身の能力向上のために40代を捧げ続けることでより飛躍できる50代の為の地力を身に付けてまいりたいと思います。
勿論、人生においては60代でも70代でも、80代・90代も同様に衰えることなく生きている限り生涯現役として、次世代の為に成すべきことを為していきたいと考え、実践してまいります。

『四十にして惑わず』も解釈次第化とは思いますけど、暗中模索の中でも変な寄り道はせず、自らの信念に従って、更なる高みを目指して、天命を知ることが出来るよう精進してまいります。



台風9号も九州へは影響を与えましたけれども、筑豊には7日未明に最接近すると見込まれる台風10号へは強い警戒感を持っています。
報道でも伊勢湾台風並みとの報道もあり、私にとっては教科書で教わったイメージの強い物なので、その時点から各種対応を頭に描き続けています。
数年振りと言いますか、飯塚病院の施設環境サービス課時代には良く実施しておりましたものの、会社を分社独立してからは初めての全社員出勤体制を敷くことにしております。


台風対応を経験したことのある人間と無い人間では心持様や準備に差が生まれてしまうと思います。
これらは事前に説明しても限界が有るようにも思いますので、経験を通じて多くを学ぶ機会に繋がるものと理解しています。
数年に一度経験を積んでいく事がとても大切だと思いますので、分かったような気になること無く自然の驚異を新たな社員にも体感してもらいたいと思います。
経験者がいますので、その指導に従い安全第一での行動を心掛けてもらいたいです。
台風が来た時点で出来ることはとても限られています。
必要なのは事前準備です。
台風が直撃している段階では台風の目にでも入らない限り出来ることは多く有りません。
停電でも起これば頼りのインターネットも無く自らの知恵で向き合うしか有りません。
知恵の前提には知識が必要です。生半可な知識では現場において役に立ちません。
自らの骨身に染みた体験に基づく知恵が頼りになります。
その為には経験が必要でしょうから、このような機会を恵まれていると捉えて本人達の血肉になることを望みます。


創業メンバーの角さんからは『台風ともなれば、家にいることは適わず、現役時代は常に職場に居た。他の職員が帰る中、施設管理担当は集まり施設を守らねばならない。』と良く言われ続けて来ました。
我々が存在意義を示す際は他の方にとっては良く無いことが起きていることが多く有ります。
ともすれば自衛隊に近い存在であり、実際に行動を起こしている際は人目につかないことも多く有ります。
もちろん平時においても実施していることは多いのですが、注目されるのは圧倒的に有事の際です。
社会のインフラを守り続ける為、志高く現場を守ることで社会に貢献できていることを忘れずに日々の努力を忘れずに邁進してもらいたいと思います。


吉田茂が防衛大生一期生に送ったと言う言葉が有ります。
君たちは自衛隊在職中決して国民から感謝されたり、歓迎されたりすることなく自衛隊を終わるかも知れない。非難とかかやかばかりばかりの一生かもしれない。ご苦労なことだと思う。


しかし、自衛隊が国民から歓迎されチヤホヤされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡のときとか、災害派遣のときとか、国民が困窮し国家が混乱に直面しているときだけなのだ。


言葉を換えれば、君たちが日陰者であるときのほうが、国民や日本は幸せなのだ。


どうか、耐えてもらいたい。自衛隊の将来は君たちの双肩にかかっている。しっかり頼むよ。』


同様の言葉を心に刻み我々も顧客の負託に応えてまいりたいと思います。
その為にも私自身が誰よりも努力をして成長と変化をし続けて参ります。






↑このページのトップヘ