今週参加させて頂いたセミナーで造語ではありますものの『考動』と言う考え方を教わりました。
スターフライヤーの社長が使われていたのですが、メッセージとしては大変わかりやすく私も活用したいと思いました。
改めて辞書で調べますとそもそも『行動』には自分で考えて行為を行うことも含まれてはいるようですが、一般解としては仕事と作業の分類のように、考動と行動と使い分けることで分かりやすさが増しているように思います。


今までのように製造業が国家を率いる産業ではなくなりつつある中、かつそもそも私の業界は製造業ではなくサービス業に分類される場所でもありますので、言われたことだけをするのでは無く、考えてから動く事が大切な事を日々痛感しています。
残念ながら改めて見渡しますと、多くの日本人は根本から考え直したり、思考を深める事を放棄しているようにも感じます。
ただこれはきっかけ一つで変えられる所もありますので、その機会を色んな場面で提供できる自分になりたいと思います。
その為には自らが学び続けてインプットを増やし、アウトプットの場も持つ事で良い循環が生まれると考えています。
日々の知識の蓄積に加え、幅広い人との接点の中でしか、イノベーションなどが生まれる機会は少ないと思っています。


行動について調べた際に『皇道』にも触れる機会が生まれました。
こちらは天皇陛下にのみ限られた言葉というよりも、帝王学としての学びも沢山あるように思います。
やはり人には徳が必要なのだと確信しています。
今後も中国古典等と照らし合わせても自らの行動が恥ずべきものでないかを考え続けます。


まずは、スタッフと話す際には『考動』を活用してみまして、皆で現実に起こっているパラダイムシフトについて考えるきっかけを設けて参ります。
時代は常に変革期、自らの意思で明るい未来を掴み取るその力を身につける人を一人でも多く増やせれば、次世代のお役に立てるものと確信しまして、先ずは率先垂範して事業としての成果を上げて参ります。












 

多くの人間には生まれながらに知的欲求があるように感じています。
業務に関することだと抵抗を示される方も多いようですけど、趣味の世界は正に個人の知的欲求を満たすのにとても適しているのだろうと思います。
ただ、更なる一歩を踏み出せば業務であろうとなかろうと知的欲求は探究心へと変わり、人生の質を上げてくれるように考えています。


我々は恵まれて年に一度グループ内での一般常識テストを受ける機会があります。
日経新聞を読んでいれば全て当たり前の話ではあるものの、未だ満点取得者はいないそうです。
やはり知識としてある程度の情報を有していても正確な知識とはまた異なることを示す興味深い結果にも感じます。


目先の業務だけでなく、我々の世界はどのように広がり繋がっているのか?をイメージできれば未来をある程度正確に予想できると言えるのではないでしょうか?
新聞に出ている情報が全て正確ではありませんけれども、断片的に出ている情報を繋ぎ合わせ、自分の頭で考え続けることで色んな解を得られます。


今週は建築・設備総合管理士の資格取得のための講習に参加していましたけれども、僭越ながら私が会社を設立した十年ほど前に思い描いていた施設担当としてあるべき姿を描いていたように感じました。
経験を経てあるべき姿は更なる進化を遂げておりますもののベースラインとしては、この程度の知識を有した施設管理スタッフを育成していきたいと考えました。
また、私どもはヘルスケア施設に特化している面もありますので、その辺の深化も必要に感じました。


いづれにせよ、自らで経験し、知識を蓄え、考え続けることで、理想論は見えてくるように思います。
自分たちが存在してる社会は、歴史と言う点で縦にも繋がっていますし、現代は宇宙含め全て繋がっていると見るのが正しいことと理解しています。
今見えている世界だけではなく、如何に広い視野を見ることが大切であるかを改めて感じました。



年末年始と多くの方に会う機会が増えますので、自らの探究心も楽しみつつ、多くの方から学ぶ恵まれた時間を過ごしてまいります。

今週はカルロスゴーンの逮捕と言うニュースに心を奪われた一週間でした。
様々な経営セミナー等でカルロスゴーンの『日産リヴァイバルプラン』『クロスファンクショナルチーム』などへの解説や『死の谷』と言われる一年目の巨額損失の翌年のV字回復は学んできました。
それがこのような結末を迎えることになるとは思いもしませんでしたし、まだ他にも我々が知らない何かがあるのでは無いかと思ってしまいます。

今回争点になっている金額は一般人にとっては勿論高額ですけど、当人にとっては逮捕のリスクを天秤に抱えてまで実行するような金額では無いと感じます。
逮捕まで至っている以上ご本人に不徳の致す所があったことは否めませんけど、本質として脱税や報酬隠しをする人間では無いと信じたいと言うところです。


ルノーとの資本関係の中で、日産が利益を上げると仏国が結果として儲かってしまう違和感もありましたけど、カルロスゴーン氏はその行為に反対しているように報道で聞き及んでおりました。
日産の会見においても違和感は多く、社長自身の反省があまり感じられなかったり、カルロスゴーン氏への敬意は全く無いようでした。
カルロスゴーン氏による日産の経営改革が無ければ、日産自体が無くなっており、それは競合であるTOYOTAにも緊張感や国際競争力を失うと言うデメリットにもつながっていたように思います。
カルロスゴーン氏の経営改革への着手スピードの素晴らしさは、三枝匡氏の本でも拝読しているので、今回の幕切れは現時点でとても不可解です。


ただ、逮捕以降の報道からは氏の光と陰のようなものが見え隠れもしており、敵も多かったのでは無いかと感じる次第です。
『頭にきてもアホとは戦うな』と言うところが不足しているところもあったのかもしれません。
今後も様々な報道で真相が明らかになって来ると思いますので、丁寧に情報を読み取りたいと思います。


勤労感謝の日は、仲間と共に呉〜江田島にて海軍や海上自衛隊に関する施設を巡り、学んできました。
戦争の悲惨さを訴えるだけの展示ではなく、かと言って礼賛しているわけでも無い、事実を展示しようとしている施設では文献を読む時間が足りませんでした。
江田島の幹部候補生学校や第一術科学校などは、元海上自衛官としては恥ずかしながら、初訪問でした。
第三術科学校とは雰囲気も異なりますものの、短艇のシンドさや当直海曹の立ち居振る舞いなど色んな事を思い出す時間を得ました。
何よりやはり多くの先人がこの国土に尊い命を投げ出された事実がある事は忘れては成らないので、次世代にもしっかりと伝えたいと思いましたし、現在のこの恵まれた環境下で自分自身が一生懸命生きているのか問い質し続けようと思います。



自らの志・信念に基づいて行動していれば、『千万人と雖も我行かん。』と一歩を踏み出せる人間になれると思います。
まだまだ至らないことが多く能力が欠落しているところもあるものの、高い志を掲げて新たなる一歩を踏み出し続けます。















 

↑このページのトップヘ