月刊致知の対談が五木寛之氏と横田南嶺氏の対談があり、いくつかの双方の著書を拝読しました。
その中で表題に記載している『かもめのジョナサン』は古くから聞いてはいたものの読んでおりませんでしたので大変興味深く拝読しました。
致知の中でも触れていましたが、かつてのカルト教団で殺害されたカルト教団幹部が自らをかもめのジョナサンに例えて自らの心情を示していたことも掲載されていて、その後の第四章を理解しないが故の過ちでもあるような示唆があることも気になっていました。

横田南嶺氏の『二度とない人生だから、今日は一日笑顔でいよう』という本にも大変勇気付けられました。
かもめのジョナサンは以前に第三章までが綴られており、2013年に第四章が追記されたとのことでした。
確かに第四章が入ることで意味合いは大きく変わってきているようにも感じます。
同月の致知に五木氏が宗教の始祖の没年との関係を指摘されていました。
私はそこに大いに感じるところがあります。
その点、仏陀においては高齢まで存命されていたからこそ伝えられる事もあったと思います。
年を重ねることで身体の不自由などは増すことでしょう。
それらを受け入れ理解していただいた方が、高齢化社会においては認められるように思います。


私は以前からマルクスの共産主義に対して一つの強烈な違和感がありました。
それはマルクス自身が一度も成功者と言われるような経済的に恵まれた環境に存在したことが無いからです。
富める者が妬まれる事は当然の理屈として理解できます。
ただ、富める者には富める者なりの葛藤や悩みがあります。
富める者、貧しい者の悩みを理解して求道することが無ければ、これだけ恵まれた社会での導きには難しいように思います。


かもめのジョナサンの第三章までは、キリスト教を強く感じます。
第四章によって仏教とも親和性を覚えられるのでは無いでしょうか。
私自身が宗教家ではない為、あまり踏み込んだ発言は出来ませんが、魂の救済に宗教は不可欠でしょう。
誰もが死にゆく無常な世界に畏怖の心を有していると思います。


ホモ・サピエンス誕生から二十万年、文字ができて五千年、人類なりに多くの葛藤を経て、文化を形成してきています。
これらも包含しながら、常に次世代の事を考え実行出来る自分達でありたいと願います。
後輩から奪うような『未来からの前借』だけはしたく無いと真に願いつつ、次世代の為に可能な限り正しい未来を与えられるよう自分自身を律して参る所存です。
多くの本との出会いに感謝ばかりです。
 

昨年度から月刊致知の定期購読を始めました。
毎月学ぶことが多くあり、人生において示唆されることが有難い雑誌となっています。
創刊から四十年を迎えられています。


我々の会社が四十年を迎えた際にどのような想いになっているのか、想像するのもワクワクします。
私は健康に留意しつつ、生涯現役であり続けたいと願っています。
今もSIPSなど色んな活動を開始していたりしますが、これらも全て継続して関わっていくつもりです。
複数年を経てわかることが多分にあることを理解してきました。
十年目で見える景色、二十年目で到達できる感覚、三十年目で知る世界、四十年目で初めて知る知識など、これからも好奇心を動機に知り合う全ての方々に感謝を忘れずに人間を磨いて行きたいと思います。


致知の今月号の特集は『人生の法則』でした。
私は人生は『自らの努力の結果』でしか無いと考えています。
大きく打てば大きく響くし、時の運よりも自助こそが大切だと思います。
将来を明るく考えて、口から出す言葉も前向きとすることが人を惹きつけ、大きなインパクトを与える機会を得る事に繋がるのだろうと信じています。


人生に重要である習慣を正しく身につけて、継続は力なりで少しずつでも積み重ねを大切にします。


 

フィードバックの重要性は以前から伝えられているので、事あるごとに確認の意図を含め、研修の発表や面談などを通じて実践していましたけど、なかなか本に書かれたような効果を実感する機会が少なかったように思います。

今回、『フィードフォワード』を読んで日本人にはなかなかフィードバック効果が難しいことを理屈で理解できました。
今までにも何度も経験しましたけど、日本人間の議論は感情が入り、異見の提示が人格の否定のように感じ取られてしまうように思います。
そもそも意見の対立などは個人の数だけ起こり得ることでしょう。
議論は『事実と数字とロジック』で成されるべきですが、トレーニングを受けていない方々にはそれが難しいようです。
改めて自分自身が幼い頃から恵まれた環境に居たことに気付かされるとともに、感謝する限りです。
我が家、我が親戚の会合、会食事には何らかのテーマに基づき議論を重ねるのが当たり前でした。
年齢にかかわらず個人が意見を述べなくてはならなかったですし、どんな意見にも一度は耳を傾けるのが当然でした。
しかし、これらの経験なく社会人になってから与えられると個人を否定されていると感じてしまうのかも知れませんし、ご本人も異見と個人攻撃の意味がわからないのかも知れません。


フィードバックには率直な意見交換が必要ですけど、そもそもこれが受け入れられないと効果を求めるのは難しいでしょう。
私は先輩やボスからの率直な意見は感謝しかありませんけど、それは幼い頃からの習慣が大きいのかも知れません。
勿論、信頼関係も大切ですけど、議論自体を理解してもらえるように努めたいと思います。


その点、フィードフォワードには良点が多いように感じました。
指導などにはトレーニングが必要でしょうけど、『夜と霧』にある通り、個人は如何に将来を明るく捉えられるかが生命力も高まることは認められています。
可能な限り、行動経済学での仕組みを自然とフィードフォワードに向けられるよう知恵を絞り続けようと思います。
新たな取り組みはワクワクするので、楽しんで全力を尽くします。











 

↑このページのトップヘ