先週、ジャックウェルチ氏の訃報に触れました。
勿論、お会いしたような機会は有りませんでしたけど、著書や映像からは多くのことを学びました。


GEと言う巨大な組織のリーダーとして大きな変革を成し遂げました。
ニュートロンジャックと言うあだ名がつくほど激しかったそうですけど、戦略はシンプルであったように思います。
リーダーとして徹底して実行されていたことが、いろんな誤解を与えたのかもしれませんけれども、環境を言い訳にせず、何事も成し遂げる姿勢は経営者として優秀でした。

社長就任後直ぐに大学での講義をしている映像を見たことがあります。
その時点で、10年後のビジョンを語っていました。
リーダーにはビジョンが大切です。
それを成し遂げるには湧き続ける情熱が必要です。
そして今いるスタッフに即した戦略設定が重要になってくると感じています。

改めてジャックウェルチ氏の著書を読み直してみようと思います。


先月末から予定が大きく変更され、思考を深める機会を頂戴しているように思います。
メディアの情報ばかりを見ていると自分の頭で考える機会を奪われてしまうように感じます。
自分の頭で考え、自分の意思をもって行動を続けることが後悔のない人生を歩めると考えています。
混沌としているからこそ多くの気付きの機会にもつながります。
次年度からの弊社の新たな船出を今から楽しみにしている所です。


今週は東日本大震災から9年を迎えた週でもありました。
先月に少し自反内省の機会からそのことに触れ、自分自身の当時の感情を吐露する場面がありましたけど、全く冷静に成れずに感情に揺さぶられました。
私にはまだまだ冷静に振り返れる物ではないと改めて気付かされました。
とは言え、触れないのもなんだかおかしな気がするので、文末にて記録しておきたいと思います。

今週は引続き予定が大幅に変更になる機会が多く思考を深めるには恵まれた時間を過ごすことが出来ました。

読了したものの中に表題の本があり、多くを学びました。
黒字の会社には共通項がありますけど、赤字の会社にも共通項は沢山あります。
グループ内を色々と回っている間でも数字の良い事業所と悪い事業所ではそれぞれ共通項があったように感じていました。
共通項を取りまとめて貰ってあるので、参考になることが多いです。
自社組織にその共通項チェックをすることができるので、その点も有難いです。


潰れていくのはいろんな理由がありますけれども、やはり大きな責任は経営者にあります。
スタッフが当事者意識を持たない組織は強くは有りませんけど、当事者意識を持たせるのも経営者の大切な仕事であろうと思います。
当事者意識が低い組織でも戦略が整っていれば経営が上手くいっているケースも見受けます。
戦略立ては経営者の大いなる使命ですから、今いるスタッフに最適な戦略を立てることの大切さも改めて感じ入りました。

社会は常に変化しているので、戦略も変化させていかなければなりません。
会社が無くなると経営者だけではなくステークホルダ―全員に影響を与えます。
しっかりと継続することに努めてまいりたいと思います。


他にも倒産した会社の社長へのインタビュー本にも興味がありましたけど、連続して読むにはこちらの気分が大いにダウンするので一旦期間を空けて読んでみようと考えています。
倒産と言葉で書くのは簡単に感じますけど、実際には多くの苦悩や混乱の結果で発生しますし、人生が大きく変わってしまいます。
経営者の任に当たる以上、そのような憂き目に合わないよう常に誠実に努めてまいりたいと思う次第です。
スタッフが円満な人生を歩める支援者として、中長期的に幸せになるアドバイスを今後も心掛けます。









COVID-19への対応は、今までに無い事態を迎えています。
賛否両論あることと存じますけれども、私は安倍首相の決断を中身は別にして一定評価をしています。
そもそも国民全員が支持するような決断は大した決断とは言えず、常に異論がある中で判断をしていくことがリーダーに必要な資質であると考えています。
遅きに失したとはいえ、いつかはどこかで行動制限をかける必要があると考えていました。
既に世界への拡大が認められています。


日本は現時点で国難であることを国民が理解して、世界で最初に収束させることで他国への良い事例を指し示すという気構えを持ってもらいたいと思います。
安倍首相の決断に比して、気になるのは公務員が行政決定をしていく中で良く見られる自分の頭で考えることの放棄です。
全ての自治体が一律で行動を取るということには現時点でも違和感があります。
各土地柄や医療事情など置かれている状況は異なるからです。
各首長には国家の意思決定に反することはなくとも詳細を把握しているものだからこそできる更なる政治決断をしてもらいたいと期待します。
国民一人一人においても自分の頭で考える良い機会だと捉え、デマを含めたメディアに踊らされることない行動を取ってもらいたいと思います。
残念ながら、現時点では規範教育を受けていない戦後教育による欧米の庶民同様、理性ある行動は難しいのかもしれません。
これを機に教育内容含め見直す機会に繋がることにも期待しています。


小中高の学校が急遽休みになることは今後も起こることは少ないであろうと思います。
年齢が若いかどうかは別にして自分の頭で考えなければいけないという事を体感することに繋がるであろうと思っています。
過去を賛美して江戸時代であれば教育含め良かったというような考えには全く与しません。
どの世界においても少数であるリーダーが多くの人々をより正しい方向へ導いてきました。
全ての現場において役職で与えられるリーダーではなく、本質を理解できるリーダーが立ち上がっていくことを期待します。


ファクトフルネスを読んで以降、数字で判断する重要性を感じておりますけれども、公表されている数字からはおよそ国内の感染爆発には見受けられません。
ただし、隣国の検査推移状況を見れば国内でも同様の状況であると判断しておくことが良いでしょう。
我が国政府において公表しないまたはそもそも検査をしないという判断をしていることに何らかの意図があると考えるしかありません。
これを盾に政府のやり方を批判することは時期尚早で将来の選挙時で十分だと思います。
普通の国民が知りえない情報が政府には集まっています。
その上での決断は現時点では尊重されるべきでしょう。
政治は結果が全てで、その事実を受け入れる覚悟を安倍首相は持っていると信じています。


感染者が沢山いることを知ったところで、医療機関には限りがあります。
現時点での致死率や絶対的死者数は通年のインフルエンザに至っていません。

『我々の恐れなければならないのは、恐れることそのものである。』フランクリン・ルーズベルト
戦争屋のイメージがあり、好きではない大統領の一人ですけどこの言葉は思考を止めないために必要な言葉であろうと思います。


来週時点での数字推移により、状況は多く変わっていくことでしょう。
数字が増えるのか減るのか二週間程度は冷静に数字を見極めなければなりません。
経済的には大きな損失とも言えますけれども、世界で最初にこの危機から脱することがより大きな繁栄に繋がることと信じて皆様においても自分一人ずつの正しい判断を求める次第です。
危機は突然にやってきます。
企業の体力は常に確保しておく必要があるのだと改めて感じ入りました。
今回の危機は全ての企業が等しく発生しています。
潰れるか潰れないかは企業ごとの中身によるものであって、外的要因にすることはなかなかできないことを痛感する次第です。


↑このページのトップヘ