今週教わり、大いに刺激を受けた言葉が表題です。
自我作古は慶應出身の方にはお馴染みの言葉なのかもしれません。

自分が道を切り拓きここからが歴史となるので、自分が古の物になるというのは大いに浪漫も感じます。
『我の前に道はなく我の後に道は出来る』と言う表現から更に長期間続くイメージも感じました。
そもそもこれだけの心意気を持つことが出来れば、目の前で起きている様々な課題に対して、自らで解決してその後も継続していくので、課題に感謝すら出来るようにも思います。
私自身は敷かれたレールをひたすら効率的に動き続けるという活動に全く自信がありません。
新たなレールを敷くなり、道なき道を歩んでいく事の方が向いていると感じていますので、自我作古を今後も大切にしていこうと思います。
この言葉を教えてくれたのは高家正行氏でした。
会食の予定が大幅に減り、人に会う機会が奪われていますので、youtubeの映像から様々な刺激を頂戴することが増えている中で、高家氏の講演を拝見することが出来ました。
数年前に公志園の活動でご挨拶をさせて頂く機会を得ました。
当時は憧れの三枝匡氏の後任としてミスミの代表をされていて、小説で紹介された話などを沢山拝聴していました。
語り口は大変穏やかですけれども、乗り越えてきた業務は只者ではありませんで、沢山の学びを得ました。
改めて経営者を目指す若手に話す講演会を拝見して、その迫力を感じました。
そこでもやはり丁寧な言葉使いでしたけれども、覚悟と実行力はとてもとても容易にまねできるようなものではありませんでした。
三枝氏の本にも度々出てきていた『修羅場を超える』ことの必要性を論じておられました。
私自身が修羅場を経験できているのか?と自問自答しますにまだまだ不足していると感じています。
修羅場を体験するにはやはりコンフォートゾーンからの脱却が必要です。
事業責任者として無責任なことは出来ませんので、顧客や社員の為にも当然にしっかりとしたサービスの標準化を果たすとして、その先に到達するために意図的な修羅場や不安定環境に身を置いていくようにしたいと思います。


これらのことを考えている中で東洋思想の田口氏から個別に送って頂いた言葉が『遠慮近憂』でした。
「将来を慮らなければ近く憂うべき事態が必ず起こる」と理解しております。
現在、様々な将来構想をしております。
若いつもりでいましたけど、もう決して若手扱いされる齢では有りません。
『放勲欽明文思安安』足るべくまずは放勲目指しまして、将来構想を練り続けておりますので、大変に有難く自分の背中を力強く押して頂きました。


組織とは、『社会的意義』と『人財育成』こそが原点であることも学びました。
私共の組織の社会的意義はしっかりと理解されるものだと思っておりますので、大いに期待できる人財に更なる活躍をしてもらえる場を提供していく事をしっかりと果たしてまいりたいと思います。
劉備玄徳が諸葛亮孔明に軍師を任せた歳が、今の私とほぼ同じ年齢です。
当時の孔明は27歳、これはやはりトップとしての後継者育成と言う最も大切な偉業をしっかりと果たすべく行動していたことの証左であると思います。
まだまだ、そこまで至ってはおりませんけれども、多くの大切なお手本を持ち、次世代の方々に良い未来を渡すべく、一層研鑽を積んでまいります。



昨夜、長い時間話す機会がありました尊敬する先輩の一人との会話が有りましたので、記憶が残っている間に記しておこうと思います。
子育てや部下育成において最も肝要なのは『負けず嫌い』に育てておくという事でした。
『負けず嫌い』であれば、「負けたまんまで悔しくないのか?」と言えば本人に火を付けるのは容易となるという理屈です。
バックトゥザフューチャーの主人公に「Chicken」と言えば、我を失うというシーンのイメージが合うのかもしれません。
確かに理解できる部分が多分にあるなと思います。
ただ、如何にすればその様に育てられるのか?と言うのがまだまだ良く分かりません。
『負けず嫌い』を育成したくて、毎月の勉強会でも囲碁を始めましたものの、育成できたのか?素養が有った人間を伸ばせたのか?私には分かっていません。
ただ、事実として私自身は全く勝負ごとに興味が無く、自分のベストを尽くすことのみ常に意識をしていました。
周囲との闘いにとらわれてはいけないと思っていたからです。
今でもその考えにあまり変化は有りませんけれども、勝負事と言われるとスイッチが入るようにはなってきました。
正直に言えば、未だに自分の範疇とは考えてはいないことでの他者評価は全く気になりませんけど、業務に近かったり、議論の場であると勝負ごとになった際の意識は変化しています。
尊敬する先輩は皆さん負けず嫌いです。
勝負するポイントが違うのですが、負けたくないと思った時の集中力やエネルギーは普段のそれ以上の力を感じます。
その様な方々と時間を共有する中で、少しずつ私の意識も変化してきました。

改めて周囲を見渡しますと、結果を出す方の多くは負けず嫌いです。
これは全てにおいて負けず嫌いと言う癇癪持ちとは異なり、勝負所を理解しているとも感じます。
そもそものルールを変更してでも勝とうとする方、ルールの中で時間をかけてでも実力を身に付け勝つ方、ルールが定められていない部分を活用してでも勝つ方、いづれにせよ勝ちへの執着心がとても強いことを感じさせていただきました。
勿論、勝負どころではないと感じた際には道化役でもなんでもされて、負けっぷりも見事です。
ただし、結果としてでも最初からでもとにかく場の主導権を握るという点では成果を遺され続けています。

上記のような景色を間近で見ている中で、私自身の心理も影響を受けております。
翻って今までは私の勝負への甘さが社員に伝播してしまっていたことへの責任も感じます。
ここ5年ほどは稼ぐことよりも口惜しさの醸成に力を注いできたつもりです。
これらの種が10年後には花開くよう引続き学びながらも成果にこだわり続けてまいります。


今週は800分の700の問題を記載しようと考えておりましたけど、こちらはまだ別の機会にしたいと思います。
無料動画で多くの学びをしている中で、藤原和博氏に改めて学び本なども購入していまして、指摘された公務員等の限界問題です。
私自身も東日本大震災の支援活動の中でこのような問題を目の当たりにしてきました。
現場にいる悔しそうな公僕の方の顔も忘れられません。
自分たちではどうにもできない部分を私共民間に託して頂き、代わりに現場での指揮などを発令するなどさせて頂いたりもしました。
これらの問題は日々起こっており、様々な無駄や徒労を生んでいます。
全て結果の平等を正とした悪弊であり、これからは現場毎に公平な機会であることが実践されることを願ってやみません。

来週は年に一度最も緊張感を迎える株主総会を迎えます。
一年の成果につき正当に評価いただき、それをしっかりと受け止めてまいります。
何より今年度は昨年度まで以上に大きな夢を語り、それを実現するための具体策も提示することで、年度末までの大いなる期待を持って貰えるよう臨みます。

武漢ウイルス(COVID-19)が世界を席巻し始めた年初時点の予測よりも長期化しているというのが多くの方の意見かと思います。
経済的ダメージもどのような評論家でも昨年時点では予想が出来ないほどに大きいものとなっています。


そんな中、我々は恵まれた場所で業務をしていたと言えます。
都会ではなく地方に展開していると共に必要不可欠なヘルスケア施設と言う社会インフラを支える業務をしていることで、接客サービス業・飲食業等に比べれば安定していると感じます。
当然に全く影響が無いことはありませんけど、多くの事業体と比しますと恵まれていて、今までできなかった内部統制などに労力をかけることも出来たなど、ある意味でにプラス面も感じています。
思考も大いに深めることが出来ましたし、今現在も活動の制限を掛けていることで本やWebセミナーなどからも学びを継続しています。
そんな中、自分自身がコンフォートゾーンに留まっているのではないか?との不安も覚えてきました。
どんな時でもどんな場所でも安定を約束された場所はありません。
その様な安定を感じたとすれば勘違いであって、一寸先は常に闇であるのが現実社会です。
それでも多くの方にとっては昨日の延長で今日があり、明日もそれが継続されていくと思い込んでしまっています。
私は、東日本大震災の経験からいつどこで不連続な時代がやってくるかを理解しているつもりでした。


6月は多くの会社で役員改選が行われます。
私も月末に株主総会を控えており、年に一度最も緊張するその時間を迎えようとしています。
株主総会で決まることもいくつかはありますものの、多くはそれ以前に人事含め準備がなされています。
7月から新たなステージを迎える方を数名知る中で、私が狙っている挑戦が果たしてコンフォートゾーンから抜け出すに至っているのか、大いに疑問を感じております。
株主総会まで時間が少々ありますので、それまでに自分自身がコンフォートゾーンから脱却して新たな挑戦に向けた準備を整えてまいります。

本年度の『安全と標準化の凡事徹底』は私にとって不得手分野でもあり、大いなる挑戦事項でもありますけど、その先に向けた行動も早め早めに取り組んでまいります。
社内やグループ内に留まっていては決して納得行く成果は得られません。
後継者の育成を図ると共に自分自身が常に挑戦であるべきと言う当たり前の環境に早く飛び込みたいと思います。


COVID-19は言い訳事項ではなく、きっかけ項目です。
ないないづくしは知恵を絞る良い機会ですので、正解ではなく納得解を探し続けると共に次世代に向けた活動に積極的に関わってまいるしょぞです。

↑このページのトップヘ