先週の大相撲初場所での徳勝龍の活躍に色んなことを想う方が多かったのではないでしょうか。
貴闘力以来の幕尻優勝で、相撲界での年齢的にはベテランの域にいる人間が初優勝を果たすまでに如何なる想いで闘い続けていたのかに思いを馳せますと、胸打たれるものがあります。
これは私が齢を重ねたことが要因なのかもしれませんけれども、何かの行為の裏にその方の努力が滲み出ますと琴線に触れます。

徳勝龍の優勝インタビューは共感できる部分も多かったように思います。
優勝を意識しながらも夢見るだけではなく、目の前の真剣勝負に取り組むことでしかその夢を叶えることは出来ません。
一足飛びに何かを達成できることは有りません。
正しいプロセスを踏まず環境によるだけの成功体験は、逆にその後の成功への遠回りになってしまうように思います。
全員がテレビに出るようなヒーローのように何でも出来るような事は有りません。
多くの人間は努力の結果として大いなる成功を得ています。

幕尻優勝を見て目の前のことに全力で取り掛かり続けようと思いましたけど、気になりますのは次回の大阪場所で果たして徳勝龍はどうなるのか?気になります。
20年ほど前に同じく幕尻優勝を果たした貴闘力はその後ある意味人間らしいと言いますか、外から見ますと波乱万丈にも見える人生を歩まれています。
徳勝龍がどのようになるのか、しっかりと注視したいと思います。


武漢のコロナウイルスが注視されています。
日々情報がアップデートされるので現時点での見解は述べるつもりはありませんけれども、いつもこのウイルス性の脅威が出ると私は地球における人間とはこのようなウイルスとして取り扱われてはいないだろうか?と疑問を持ちます。
まだまだ、宇宙の意思や地球の意図など私にはわかっておりませんけれども、一時は良性のものでも時間の経過とともに増幅したりすることで害悪の存在になるものも多いと思います。
SDGSなどの若者動きに対して、世界の政治家の言動は如何なものかと思うものも見受けられます。
コロナウイルスを人間は乗り越えるものと確信しておりますけれども、同様に人間自身も駆逐されない生物でありたいと願います。
また、コロナウイルスの報道の陰に隠れて、いろんな活動が良悪ともに進んでいるであろうことも意識しておかねばならないと思い、日々の世界の動向を注視してまいります。



今週も新たな出会いがあり、恵まれた一週間を過ごしました。
その中で尊敬する師の一人から『時代は今まさに大転換期』と言う言葉を聞くことが出来ました。
今まで以上に時代の変化が大きくなってくるようです。
安定を求める方にとっては受難な時代なのかもしれません。
行動経済成長期は安定していたも言えるとも思います。
転換期は創世期でもあると捉えています。
私自身、定常業務を得意としていないので、混沌が発生し続けるともいえる転換期は感謝をもって迎えたいと考えています。


それでも課題は常にありますので、自分自身の課題と正しく向き合っていきたいと思います。
人にはそれぞれ多くの課題があります。
まずは、その課題を正確に把握することが大切です。
自分にとっての課題でも第三者から見るとそれ以上に解決しなければいけない課題が見えることが多いように思います。
それを知るためには、周囲に率直に指摘いただける方が居る必要があります。
貞観政要でいうところの諫議大夫はとても大切なのだと考えています。
現代社会においては聞きなれない職種でもあるので、即当てはめて実施するのは難しいのかもしれません。
諫議という言葉がPCにて文字変換出来ない事実も世の中に浸透していないことの表れとも感じます。


諫議大夫を期待できるほどの部下員からの指摘は現時点では難しいものと容易ではないと考えていることから、私自身は周囲の先輩には率直に課題を指摘してもらうようにしています。
うまくできているかはわかりませんけれども、先輩からの指摘は否定せず全て受け入れて改善する努力をしています。
課題解決に必要なのは戦略立ても勿論大切ではありますものの、何より実践を通じて改善していくことだと感じています。


自分で解決できる課題の多くは当然に自分の行動や自社組織内での課題になります。
一番変えることが容易なものは自分自身の考え方とも言えます。
軸や志に関しては今まで多くを教わり、自らの血となり骨となっていますので、これからは信念に基づき自分の行動を多く変容させてまいります。
私には成し遂げたい夢がたくさんあります。
その為には、自分の課題をしっかりと解決していかなければなりません。

解決してくことでこの大転換期と言う時代の大きな流れに乗って、社会のため、次世代の為に粉骨砕身してまいる所存です。
来週も多くの方にお会いしてまた新たな気付きをもらうことと、地道に自分の課題解決に向けた習慣を取り入れてまいります。



今週も多くの方とお会いして美味しい食事とお酒の場を一緒にしました。
移動中には人に薦められた本を読み刺激を貰いました。
APUの出口さんが推奨する人・本・旅に習い常に自分の頭で考えるよう意識をしています。
脳の活性化のためにも同じ行動を重ねるのではなく、新たな気付きが生まれるように意識をしています。
その反対にワイシャツは白しか持たない、余程のことが無い限りスーツは一週間同じものを着る、靴はローテーションで下駄箱の順番まで決めておくなど、意思決定をしないで済むようにする場面も大切にしています。


30歳にして事業責任者の任に着き、手探りで我武者羅に活動してまいりましたけれども、日々課題は変わりつつも無くなることはありません。
創業当時にイメージしていた40歳のころに比べると事業規模においては全く満足できるものではありません。
それでも人生を変えてくれるような大きな出会いにも恵まれ、素晴らしい機会を与えられたという環境には感謝ばかりです。
40半ばを迎える中、改めて人生は有限であると感じます。
このままでは理想の60歳には到達できないように思います。
私自身は学生時代に真剣に生きてきたとはいえず、周囲に努力をされている方がいたり、素晴らしい生きざまの方の本質に触れる機会があったにも関わらず、恵まれた環境に安穏とした日々を過ごしていました。
自分の不甲斐なさに強く気付き始めたのは、自衛官として働いて3年ほど経過したころでした。

そこからはいろんなことに挑戦しようと努力を継続しまして、決定的に自分の意識が変わったのは27歳が見えてきた時でした。
27歳は多くの伝説のロックミュージシャンが亡くなっていて、今でも語り継がれられています。
とてもじゃないけどこのまま27を迎えても誰にも知られていない等身大の自分と向き合うしかない事実を突き詰められました。
出遅れた分、周囲で成功している同世代の当時の方々と比較するのではなく、60又は70には追い付ける努力をしていこうと決めたのもその時期でした。
20代半ば~後半時期には多くの同世代エリートのような環境の方々は成功に酔いしれて堕落していくようにも感じていたので、追い付き追い越せると感じてもいました。


とにかく与えられている環境に感謝をして、目の前のことに全力を尽くすしか未来を変えることは出来ないといろんな本からそのような確信を得るに至りました。
最近では振り返ると失敗した過去が実は最も大きな学びの場であったことであることから、過去の見方も変えられることを知りました。


以前は本よりも漫画で学んでいた時期がありまして、その中で『迷ったときにやらない後悔は一生付きまとうが、やった失敗による後悔はまだ自分で納得できる』という一節があり、今でもそちらを信奉しています。


人とご縁は奇妙なことが多く、繋がる場合は世の狭さを感じます。
この縁を自分で創り出すかがとても大切だと感じています。
現在も社外の方との連絡係は積極的に努めていまして、年に定期的にお会いできる縁を確保するようにしています。
皆様の時間も有限ですので、お会いできる時には双方にとって良い刺激を与え合える関係であることが肝要で、そうでなければ継続できなくなります。
その為にも相手のことを想い、自分自身を変化・成長させておく必然が生まれます。
これだけ変革が多い時代には今日の延長で明日が来るとは限りません。
常に変化を前向きにとらえる必要があります。
また、変化を乗り越えるには様々なつながりが大切です。
狭い一つの世界だけに固執することなく変化を尊び成長を遂げてまいります。


表題に『旅』を加えることがとても大切なので今年も海外含め様々な旅をしたいと考えている次第です。


↑このページのトップヘ