今週も思考を深める時間と機会を多く頂戴出来ました。
やはり人・本・旅・呑・星に触れることが大きな刺激に繋がると感じます。
とは言え、人・旅は現時点では難しいのでやはり本に大きく影響を受けています。
ネットを通じての面会でも刺激はありますけれども、直接にお会いできていればそれ以上の刺激を貰えたように感じてしまいます。
こんな時期だからこそネット上でお会いする気になった方もいらっしゃるので、何事も良い機会と捉えていきたいと思います。


緊急事態宣言が多くの県で解除されました。
それでも一年前の世界と同じになることが無いことは多くの方が理解されていることと存じます。
時折、「昔の姿を取り戻すのはいつになるのか?」と言うような表現をお見受けしますけど、現実的にはただの一度も同じ環境を迎えることはありません。
今回の武漢ウイルス(COVID-19)の影響は不可逆的な一歩を踏み出したことは間違いないので、大きな変化が待っていることでしょう。
現状維持は人間が持っている保守的な本能の一部でしょうけど、変化に対応できなければ種の存続が成立しないことも歴史的事実です。
誰にも正解が分からないこの環境は自らの頭で考え行動して責任を取るという極めて当たり前の状態を多くの国民が理解してくれることと期待しています。


これ以降も第二波、第三波に備える必要を感じています。
この期間で考えている中では私共は医療・介護・福祉と言う社会インフラを愚直に支えることを使命として更に精進して行こうと言うことです。
Web会議が増え、様々なアプリケーションで初見の方との接点も出てまいりました。
この機を見て敏に行動して利益を出すという手法を積極的に取り入れるつもりはありません。
勿論、社会が変化していく中でそれらに対応することはありますけれども、やはり理念・使命を変更するようなことは取るべきでないと確信しています。
現時点で様々な困りごとを抱えている方が多くいらっしゃいます。
施設管理を通じて、それらに貢献していくことに努めることが責務であることから、短絡的な利益出しに舵を切らないよう引き締めてまいります。


日本における少子化と自然災害の激化はこの数年で多くの国民が知ることになったと思います。
今回のCOVID-19騒動の際に若者の就業機会を奪わないことや、自然災害によって感染拡大が進まないように知恵を絞ることは弊社にとってもとても大切なポイントです。
会社の継続のためには利益が必要です。
それでも利益を出せばよいものではありません。
中長期的に周囲を幸せにする力を提供する事こそが継続するべき組織創りに繋がると確信しまして、これからも社会システム変革への貢献を愚直に実施してまいります。
これだけの混乱期は本物と偽物を容易に見分ける機会であるとも感じます。
景気が良ければ差別化が難しい面があるのに対し、不景気時に収益力を持っている事の難しさからも、現在の状況は真贋の差が大きく結果に影響を与えます。


今まで議論だけで進められなかったことが、実行しやすい時期であるとも感じます。
この緊急事態時に深く考え切った人間こそが次なるステージで活躍出来ます。
それは中期的に成功を固定化することに繋がるかもしれません。
出来ない事を嘆くのではなく、今できる事に全力を尽くし続けることこそが成功につながるのはやはりこの世の真理であるのだろうと思う次第です。

本年より今までの手帳サイズから致知手帳へと変更しております。
週ページ毎に冒頭著名人の格言が記載されています。
4月19日の週の言葉がタイトルにした「命を懸けない仕事は全部偽物」(曽野綾子氏)でした。
「組織の中に一人でも覚悟が決まった人がいれば成功する」「能力の差ではなく真剣度の差が成功を決める」など今までにも素晴らしい言葉をそこに見ておりました。


会社を起こして直ぐに親会社のコンサル業務と協働する機会がありました。
レポートの検収を先輩に実施して頂いている際に「一ページでも無駄があってはならない。100枚を超えるページの中で最も魂を込めたページが必要だ。」と指摘されたことがあります。
付属資料としてエビデンスを掲載するのはあくまでもロジックの補填であり、コンサルタントとしては依頼者に対して改善のための魂を込めたメッセージが必要であることを強く突き付けられました。
当時からある程度、レポートには雛形がありましたけれども、その中でも発信者による情熱が大切にされていました。


今年度の弊社の方針は「安全と標準化の凡事徹底」ですので、様々な箇所で標準化をするべく検討と改善を実施しています。
どんなに標準化がなされてもそこに魂を込めたメッセージが無ければ血の通わない施設管理になってしまいます。
常に当事者意識が抜けないように全てをマニュアル化するのではなく、自分の意思に基づいた意見が発信できるスタッフを育てたいと思います。
一度しかない与えられた人生を過ごすには、流されて生きるだけでは勿体ないと思います。
「命を懸ける」と言うと激しいかもしれませんけれども、魂を込めて人生を過ごしてもらいたいと願います。
尊敬する先輩から教わった好きな言葉でもある「考えた通りに生きなければならない、出なければ生きた通りに考えてしまう(ポール・ブールジェ)」にある通り、理想を求め続ける強い意志がとても大切だと思う次第です。


とは言え、私もタイトルの言葉に強く惹かれたようにどこか流されてしまっていたのかもしれません。
仕事を通じて、生涯の志を成していくことを忘れずに日々業務に魂を込めて一歩ずつ成長を遂げてまいりたいと思います。

仕事には魂を込める価値があるものと確信しています。
多くの新人の皆様におかれましては連休が明けても一頃昔に流行った「五月病」になられることなく、時間を大切に成長をされるよう祈念しております。

今週はゴッドファーザー2も観れました。
前作に続き、父親と観ることで今回も新たな気付きが沢山ありました。

今週は数年ぶり十数回目のゴッドファーザーを父親と見る機会が有りました。
父親世代の映画でもあるので、父親の解説を聴きながらの鑑賞はいつも以上に見応えを感じました。
初めて見たのは中学生の時に兄からの勧めでした。
当時は深くは分からないながらも日本でいう『仁義なき戦い』のような漢同士の戦いの中にも女性が入っていて多くの示唆を受け取った思い出があります。
映画としては長い作品であるというのも印象的でした。


組織の継続等については深い示唆が有りました。
リーダーは時代が求めるものであって、いつの時代にも評価されるリーダーは居ないというのは、出口氏が良く指摘されている点ですけれども、ゴッドファーザーにおいても三男であるマイケルが継ぐことになったのは当初からの予定ではなくその当時の結果としての流れであったと思います。
ただし、与えられた環境でベストを尽くし、自身の生活行動を変え続けた結果として業界で君臨するまでは自身の努力の結果でしかないと確信しています。

自分たちの組織で最も大切にすることは何なのか?
生き残るだけなのか?どのように生き残るのか?など大切にされることは人それぞれでしょう。
思い返しますと私自身が自衛隊と言う選択をしたことも、ゴッドファーザーの影響がゼロではありません。
勿論、ベースは中学生の時に叔父貴にかけられた言葉や漫画のMASTERキートンの影響の方が大きくはありませんけれども、自分自身がファミリービジネスから一線を引いておくという意識はありました。

映画からは創業と継続の難しさも垣間見ることが出来ました。
事業継続と組織継続では違いがあり、コアビジネスを変更させてでも大切なものを継続させることが出来るかどうかは創り出した人間と受け継いだ人間では異なることが見受けられます。
現時点で会社は私が創業時から責任を持って事業を起こして、興すものと撤退するものを逡巡の結果、決めてきています。
これらを継続する場合に我々の組織で最も大切なものを何と考え、何を遺そうとするかを継いでもらうのは難しいものだと改めて感じ入りました。
勿論、ビジネスですから競合他社との違いを明確にしたビジネスモデルはありますけれども、私は我々がその大切なビジネスモデルを中心とした形で創り上げてきた人間力こそが最も大切なものであると確信しています。
設備のメンテナンスを通じて、誠実な対応と実直な行動を身に付けることで多くの信頼を獲得してまいりました。
技術力があれば全てを凌駕するとは考えておりません。


私自身は生涯現役であろうと思っていますので、早々な事業の引継ぎを考えてはおりませんものの何事も永遠はありませんので、いつも事業継続については考え続けてもいます。
コロナで大きく世界が変わるかもしれませんし、私自身が重症化する可能性も当然にあります。
何があろうとも継続出来ることを大切にしてまいりたいと思います。


コロナで世界が大きく変容してからについて、ハラリ氏のガーディアン紙での4月20 日付の『「死」の人類の受け止めについて』は大変示唆に富んでいました。
宗教心においても死んだ後の世界を示すことで指導するのではなく、聖典よりも科学者の言葉を根拠に各所の閉鎖を決めていることは価値観が中世と大きく変わっていることを感じます。


連休中は、ネット番組など娯楽に興じることで過ごすのではなく読書をするなどを通じて自分の内面を鍛える期間に出来ればと考えています。
連休中は我が家は基より、メガソーラーの草刈も実施しながら、アフターコロナを見据えた世界を想像すると共に我が社の歩むべき道を思考し続ける所存です。




↑このページのトップヘ