February 2015

少しづつ走る楽しみが増してきています。
一番は音楽を聴きながら走れる事が魅力なんですけれども、自分にとって懐かしい曲を聴いていると走っている時間が楽しく、それなりのに多くの時間をランニングに使えています。


まだまだ、早く走れているわけではないですけれども、走ること自体を楽しめている現状は良いことだと思っています。
体力が少しづつ着くとなかなか邪念が取り払えないと言いますか、集中して思考するまでに少し時間がかかるようになっています。

思考力を高めるという事を常に継続していきたいので、マラソンを有効活用したいです。
3年以内のフルマラソン参加を目標の一つに掲げているので、市民マラソン情報などを意識的に調査していますと、本当に多くの場所で開催されているものだと感心します。
この一年で色んな季節を走り、いつ頃の季節にどんな景色を見て走りたいか考えていきます。
目標タイムなどが言えるようになるのは、来年以降になりそうです。
今年中に大会とは別に個人のマラソンでも42キロくらいまで走れる体力を身につけたいです。


 

囲碁への興味が近年増しています。

将棋は、小学校の頃からルールを覚えており、人と指すのではなく携帯ゲームなどで遊ぶ程度に触れ合っています。
囲碁に関しては、五目並べを小学生の時に教わった以外は碁石に触る事も無く、現在に至っています。


最近、将棋を覚えたての小学生の長男と将棋を指しながら、ふと自分も何かにチャレンジするべきなのでは?と考えるようになりました。
そこで、折角なので囲碁にトライしてみようと思い立った次第です。
意識してみると囲碁に触れようとすると、周囲に多くその機会がありました。
インターネットで検索しても初心者向けの情報も多く、図書館に行っても囲碁に関する物は将棋以上に揃っているように思います。


歴史が有る物はそれだけの理由があると思いますので、囲碁を楽しみ、囲碁を通じて子供たちと触れ合う事も一つの目標に掲げようと思います。
まだまだ少し触っただけですけれども、ハマりそうなので時間配分をしっかり定めて行こうと思います。


ゴルフ同様いやそれ以上に経営感覚と近い物があるのではないだろうか?とも思っています。
また、多くの語源を有してもいるようなので、そちらの勉強も楽しみます。

隔週程度ですけれども、週末に少し走る事を継続できています。
3年以内にフルマラソンを走ると正月に掲げましたこともありまして、3年と言わず少しでも早く達成しておきたいと思ってもいます。

 まだまだ、5キロ走るだけで必死ですけれども少しづつ距離と時間を延ばせています。
走っている間は、好きな音楽を聞きながら景色を楽しみつつ、時に物事に耽りながらと今までには無かった有難い時間を過ごさせて頂いています。

 
 聞く音楽を集める楽しみも出来つつあり、経験してきた無音でのチャレンジとは異なる楽しめる環境を整えつつあります。
物事を考えるのにも適した時間のように思います。
他の方の言葉も入らず、自分自身と向き合い、発生している事象に対してどうあるべきか、これから如何とすべきかなど思想が深くなるような気がしています。
時には一歩一歩をただ繰り返すだけでも先に進んでいることの喜びや、一歩の踏み込み方を考えながら走る事でより効果的にもなったりします。


 やはり、汗をかくことは動物の本能としても快感を味わう一つなのだろうとも思います。

先日、独り黙々といつもの河川敷を走っていると、復路時に息子達が迎えに来てくれていました。
一緒に走りながら少し話した後に、再度自分のペースに戻り当初の予定通りの目的地まで走った後に、Uターンしますと遅ればせながらも歩くことなくついてこようとして走り続けている息子達が居ました。
自分の努力が少しでも息子達に伝われば有難い限りです。


 読書と鍛錬を継続している姿を何となくでも子供達に継承していきたいと思います。

 

最近まで小説を大分遠ざけていました。
学生のときは中国の歴史小説を好んで読んでいましたけれども、社会人になってからはビジネス書ばかりに傾倒していました。 
なかでも評論家では無く実務者の本ばかりを読んでいました。


 小説は事実でないことを書く物だと思い、ビジネスでは世間話にしかならないと考えていました。
それでも歴史小説から武将の生き様などを勉強したい思いもあったり、周囲に直接すすめられた本を読むようになって来ますと非常に面白い読み物だと感じるようになってきました。
好みの作者によっても異なりますけど、読み始めますと中々中断できずに一気に読んでしまいたくなります。
ある意味で小説は恐ろしい物だとも思い、年間での読書冊数には制限を設けようかと思うほどです。


 活字中毒になりつつも有るので、今後も幅広い物を読めるように有限である時間をしっかり活用できるように心がけます。




 

↑このページのトップヘ