October 2015

現在、事業において色々な仕掛けをしていこうと準備を進めています。
その為には、使えるものはどんどん使って貪欲に進めなければいけないことを痛感してきました。
これは、対外的な話だけではなく社内向けに対しても効果があるように思います。

改めてトップは孤独の道でも自らが信じた社会に貢献できる道を何が何でも達成するために、多くの方に伝えて、協力を仰ぐ必要を感じています。
多くの方に想いを伝えていく中で、フィードバックもあるので、より改善される修正案も沢山いただくことができます。
この価値は、やってみないとわからない物だと思うのと、改めて伝わらない間の孤独との葛藤や、率直な意見による瞬間的なモチベーションダウンを感じます。
それでも、情熱が尽きることはなく、時間をおいてますますエネルギーが湧いてきて、どうすれば伝わるのか?どうすればより良い環境につなげられるのか?と自らが鼓舞されていきます。
この湧き上がってくる活力がどこから来るのか自分でもわかりませんけど、それが続く限りは走り続けたいと思います。


ピントがずれた意見や時間の無駄のように感じる意見交換からも、落ち着いて考えてみると気付きも多く感謝すべきことがあると感じます。
自らの体験からは、指摘するにもネガティブワードよりはポジティブな改善ワードの方が、次に進むのが早くなるので、今後、人と意見を交わすときにはやはりポジティブな言葉を多く使っていこうと思う次第です。

 

「どうすればそのような情報が入るのか?」
といつも多くの人を羨んだりしていました。
何か私の知らないメソッド的なものがあって、それさえ手に入れれば同じように情報が入る仕組みが出来るのだろうと画策したりしていました。
そして今現在、特別に情報量を持っているというわけではないですけど、以前よりは確実に感度が上がってきているように思います。
それは振り返ると、いろんな本にも書いてありましたけど、まずは常に興味関心を持ち続けるということなんだろうと思い始めています。


どんなことにも興味を持てる方は良いのですけど、私は興味の有無がそれなりにあります。
そんな場合も興味のあることを常に考えて意識しておくと勝手に情報が入ってくるように感じています。
それは、以前とは違いネット社会を象徴するように情報が溢れているからなのでしょう。
ひところ昔は情報は限られた世界だけに認められたものであったりしたものが、今や知識や情報だけでは価値がないことが多くそれをいかに活用できるかが重要になってきていると思っています。
「情報は必要な人のところにやってくる」または「情報は活用できる人のもとにしか集まらない」の通り、やはり情報の入手はほとんどの国民が同じレベルで享受できているにもかかわらず、個人の差は広がり続けています。
それは、やはり情報を如何に活かすかと言うことにかかっているように思う次第です。


そうしてくると「情報」と言う言葉自体が意味合いを変えてくるといいますか、日本での価値が認められていないことかも知れないとも思うようになりました。
英語では「インフォメーション」と「インテリジェンス」と言う日本語では双方情報と訳されますけど、前者は単なる現象を表す言葉の羅列ともいえ、後者はある程度加工されていて活用できる物にわかれるように思います。
未だにこの点の議論がなされていないので、正しく情報を活用できる文化が醸成されていないのかもしれません。


如何に目の前を通り過ぎている現象・事実からより有効なものに昇華できるのか、情報の取扱いはやはり重要だと思います。
これだけ簡単に一次情報が得られる現代はやはり恵まれているので、出来ない理由を探すよりやれる方法を考え続けることの重要性を改めて感じ入る次第です。
与えられたこの恵まれた環境を如何に次世代に渡すのか?溢れ出る情報から必要な情報に変化させていく為の本質を探るべく、まずはアンテナを張り続け多くのことを吸収していこうと思う次第です。


 

この季節の高い空を見上げると心が穏やかになります。
朝目が覚めたときに自然と「凛」とするこの時期ならではの良い緊張感をもらえます。 

どの季節が好きかと言う話は色々な場で話していることと存じますけど、私は未だにはっきり言えません。
暑いのが苦手なので夏でないことはわかるのですが、春、秋、冬の魅力はなかなか絞れません。

秋の魅力は、感性を磨かれているような気になれることでしょうか?
スポーツでも芸術でも食欲でも色んなことを感じる機会にあふれています。
最近では、稲刈りにも参加させていただいていますので、春からの営みを収穫するという実感を得るには良い機会だと思っています。

商売的には来年度予算を組み始める季節でもありますので、今が仕込みの時期とも言えますね。


日本には四季があって本当に良かったと思います。
時間は有限であり、大切にしなくてはなりません。
自然の営みによって多くを感じる機会を頂けます。

思考が深めやすいこの時期は私にとって読書の秋として楽しみたいと思います。


 

公志園に参加させて頂き、15分の発表とは別に各出場者とお話しする機会がありますと、本当にその方の魅力を正しく伝えるというのが如何に難しいかと思います。
15分の発表でも大変素晴らしく引き込まれることが多いのですけど、それ以上に雑談の中でも話している出場者の方々のにじみ出る人間力には惚れ込んでしまいます。


感じ方は人それぞれですので、一つの答えはないものの人間的魅力を如何にすれば伝わりやすいのか?は多く意を考えさせられます。
揚げ足取りに近いかもしれないこと含めてあえてネガティブに指摘することをしてみても、出場者の目の輝きや身体の中から湧き上がってくる闘志は止まる事がありません。

「出来ない理由ではなくやれる方法を考える(考え続ける)」は社内でもよく言われるコメントすけど、これを体現している方々に囲まれた時間が如何に恵まれているものかと思います。


そしてそれは自らにとって何の価値があるのか?私自身は何を為して何を成すのか?と自分に多くが帰ってきます。
考えているだけの暇はなく目の前の事象は着実に変化をして、時間は刻々と過ぎていきます。
考えながらも全力で走り続ける、10~30年後を考えながら、目の前で悩んでいるメンバーと協働する。
容易ではないですけど、私にとってはエキサイティングです。
力強過ぎるリーダーだからこそ失敗も色濃く出るかもしれません。
それでも、個人の為ではなく社会の為、子孫の為に全力で行動をしていきたいと思います。




 

あまり政治の時事ネタは提供すべきではないのかなとも思いつつ、議論が上滑りしているように思うので、私見を述べておこうかと思います。

今回の件は、国会で成立していますので粛々と進んでいくと思いますけど、議論の途中で合憲か違憲かの話がよく取り立たされていました事に違和感がありました。
法治国家として違憲がよろしくないのは重々承知していますけれども、憲法の目的自体を鑑みないと議論が空中戦でただただすれ違っているように思いました。

そもそもは、日本の商船を守ってくれている友軍と共に自衛艦が並走しているところに海賊から攻撃を受けた際に、自衛隊への攻撃であれば専守防衛と言う活動ができるものの、友軍への攻撃の場合は友軍が沈没しても手出しが出来ず、一目散に逃げるのが現行法であるところをせめて友軍を守れるようにしたいというのが十数年前からの今回の手段に至ったように感じております。


とは言え今回の 一番の要諦は、戦争を起こさないために軍備を持つのか持たないのかと言うのが、最初の争点となるべきだと考えておりました。
結果として現在の政権与党など賛成した政党は軍備を持た無ければ、戦争に巻き込まれる可能性が高いと考え、反対している野党は代替案が無いのでなんともわかりませんけど、軍備を持たなくとも戦争は回避できるというようなお考えなのだろうと推察しております。 

この点をしっかりと双方認識していない為に感情論ばかりで議論とは言えない淋しい場を見せつけられていたように感じる次第です。

軍備を持つという点においては自衛隊が居てそれを認めているから野党も良いとお考えのような気もしますけど、自衛隊自体は違憲でもあると言えるでしょう。
自分自身が所属していたものが違憲とされるのは残念この上ないですけど、憲法学者に言わせればそのように考えられもします。


軍備を整えるという点では自衛隊を有しているだけでは実は不十分なのだろうと言うのが私の考えでして、実際にそれを行使する覚悟が必要なこととこれを相手に向かって伝えておくという2つが必要となると思っています。
それをしないがために起きたのがマルビナス紛争(フォークランド紛争)なのだろうと思慮しています。
サッチャー首相は、小さい政府となるべくまずは軍備予算を削減しました。
それによりアルゼンチンはマルビナス諸島(フォークランド)を守らないものだと考えて制圧したところ、逆にイギリスから空挺団を派遣されて凄惨な現場になってしまったという歴史があります。


日本は第二次大戦後、今まで平和だったからこれからも大丈夫と言うのは、私には驚きの感覚でして、竹島は現実的に実効支配をされていて、北方領土も未だ返還が見えません。
尖閣も気付けば固有の領土であったものが、領土争いとして国際的に見られる始末です。


自衛隊も米軍も公開されていない血を沢山流しているという前提で再度安保体制についてはしっかりとした議論をしていっていただきたいなあと思う次第です。
個人的には、今回のようにすべて超法規的に進んでいくというのは、政権与党次第で大変危険ですので、憲法改正含め大いに議論を重ねて言ってほしいというのが私の願いです。
その上で、残念ながら国民の大半は正しい情報を知らず、議論慣れもしておらず、決断癖を持っていないため、そうそう簡単には正しい判断はできないという事実から、リーダーが今の評価を気にするのではなく百年後の評価に耐えられる決断をしていくべきだと考えています。


経営も同じく全員で合意したアイデアとは、実は何でもない違憲である可能性が強いので、リーダーは常に思考をして、「自ら顧みてなおくんば、千万人とも言えども我行かん」と言う姿勢で正しい方向に引っ張っていけるよう常に自らを律し続けていこうと思います。




 

↑このページのトップヘ